明峯書院
明峯書院

活動内容

ホーム>活動内容

2018年8月アーカイブ

2018年8月20日

第65回三重県書道連盟展が津市の総合文化センターで開催され、私は審査を務めました。

特別賞の串本一水君は、今年5月の県展でも一位の知事賞を受賞した実力者です。篆書で書きました。

 

DSC_0553.JPG

 

 特別賞の松浦渓華さんは趙子謙をベースに多字数で書きました。

 

DSC_0557.JPG

 

 特別賞の中村春柳さんは天発神讖の碑をベースに作品を仕上げました。

 

 

IMG.jpg

 

上泉陽子さんは顧問賞でした。呉昌碩を基盤にしました。

 

IMG_0001.jpg

 

 

杉本裕子さんは三重テレビ賞でした。陳鴻寿の臨書を基盤に書きました。

 

 

IMG_0002.jpg

 

中濤厓さんは特別賞でした。呉昌碩の書をベースに書きあげました。

 

DSC_0504.JPG鈴木登霞さんは特別賞でした。王鐸を基盤に書き込みました。

 

DSC_0519.JPG

 


杉野泰峯さんは特選でした。毎回のお稽古でも真面目にまじめに蘇東坡を書き込んでいます。

 

DSC_0508.jpg

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2018年8月15日

三重テラスでのイベントを控え、義兄の通夜にも葬儀にも出席出来なかった私は、鈴鹿墨のイヴェント以外の全てをキャンセルして、たとえ10分での15分でも間に合えばとと東京から熊本へ飛びました。

 

IMG_5471 (002).jpgIMG_5469.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久々に熊本城を訪れました。半分宙に浮いていて、一生懸命のこの熊本のシンボルの復旧に努めている様子が見て取れました。

 

 

IMG_5490 (002).jpg 

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2018年8月12日

8月上旬、九州に住む義兄が召されました。

歯学博士である義兄は努力の人で数冊の本も出版し、歯学会のベストセラーになって居るのもあります。

其の内の1冊は私がタイトルを書きました。

 

IMG_5450.jpg

 

また、300年間地元に医業を伝えた土地を寄贈して道路の拡張や交流広場として生まれ変わりました。

 

IMG_5455.jpg

自分も妻も歯科医、二人の子供も歯科医、その相手も歯科医と、生涯医療で人々に使える事を目標に生きた尊敬してやまない兄でした。

 

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2018年8月 9日

東京上の森美術館で、私が所属している雪心会の書道展が開催されました。(8月2日~8日)

 

DSC_0455.JPG

私は今年は、彩の鈴鹿墨としまして、紫の墨での大作を書きましたので、会場でもひときわ目を引いたものと思います。

 

DSC_0472.JPG

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2018年8月 6日

東京日本橋、三重テラスで色の付いた鈴鹿墨を楽しむ書道体験のワークショップを、三重県からの依頼で

実現できました。この墨を発案された伝統工芸士の伊藤亀堂さんの努力の賜物です。

IMG_5497.JPG

8月4日(土)は樋口鼎乎が子供や外国の方々に指導。翌5日(日)は樋口鈴峰が大人を対象に少しの講義して実技指導をしました。

いつも、お世話になる三重県議会議員の下野幸助さんは来てくださいました。

IMG_5496.JPG

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

アーカイブ