明峯書院
明峯書院

活動内容

ホーム>活動内容

2014年7月アーカイブ

2014年7月28日

この日は、三重県書道連盟展に出品される方は、一堂に集まって貰い、それぞれの作品の批評会です。

 

DSCF5232.JPG

 

 

自分の作品以外の作品が、誰の古典をベースに作られたのか?また、その書き方の注意点、作品にするとどこを見せるように書くのか?大きな勉強会です。また、緊張の時でもあります。

 

DSCF5229.JPG

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2014年7月25日

800名を遥かに超える方々に来て戴き、遠くは宮崎、東京、大阪、名古屋などからも駆けつけて下さいました。

 

親子が健康で共に歩んだ「書の道」で、このような発表の場を戴いた幸いは生涯の宝です。

 

 

DSCF5224.JPG

 

 

 

 

DSCF5225.JPG

 

 

 

 

いくら作品を書いても、見に来て下さる方、また支えて下さる方が無ければ、何の意味もありませんでした。

 

改めて、お一人お一人に感謝します。

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2014年7月24日

最年少は生後3か月、最年長は92歳。食べて、お喋りして、笑って、、、これ以上の幸せはありません。

 

 

DSCF5192.JPGDSCF5191.JPG

 

 

 

 

 

 「てしおフーズ」の名の如く、手塩にかけて作った料理、塩分を考えた料理を堪能しました。

 

DSCF5195.JPG

 

喜びは分かち合っても減っていかない、むしろ増えていくって不思議です。明日も笑顔で向けられますように!

 

 

DSCF5196.JPG

 

 

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2014年7月23日

鈴峰は軸や額、屏風、折り怗、巻子などに作品を仕上げ、得意の篆書から、楷書、行書、草書、隷書の書体を駆使して作品を書きました。

 

DSCF5173-001.JPG

 

 

特に今回気に行っているのが、「陶芸家、高山大」さんとの共同作品です。 タンザニアの土を研究してみえる彼の作品が好きで数年前からコラボしたいと考えていました。

 

 

DSCF5214.JPG

 

作品のイメージは、アフリカの赤い大地、平らでなく緩やかな丘陵、そこに3500年前の古代文字を入れたらどうか?

 

一枚では大きすぎるので、書いた後曲線で12枚に切りました。窯から出来上がった時割れている可能性もあるので、2つ作りました。両方成功したので、一つはくっつけて、一つはバラバラにして展示して見ました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5184.JPG鼎乎は、金沢の漆工芸作家「安藤絵美」さんとの共同作品です。

 

 

 

 

桜の花びらをイメージ作って貰いました。花びらの一つ一つに、高貴、純潔などの花言葉を書いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 DSCF5215-002.JPG

 

 

仮名、調和体、篆書(中山王)の作品のまえです。

 

 

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2014年7月21日

作品を並べただけでは呼吸が感じられないのに、お花は息吹を吹き込んでくれ命を戴く思いです。

 

DSCF5168-001.JPG

 

 

 

ここからは生徒さんが送って下さったお花です。色を賑やかにせず、夏の爽やかさを肌で感じれるようにほぼ緑だけで統一して下さいました。

 

DSCF5149.JPG

 

 

 

DSCF5159.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5151.JPGDSCF5155.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5166.JPG

 

 

 

 

DSCF5152.JPGDSCF5154.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるでお花の展覧会のよう!

DSCF5161.JPG

 

 

DSCF5160.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5163.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5164.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5162.JPG

 

 花はその香りで心を癒し、その美しい色で目を癒してくれます。

 

 DSCF5210.JPG

 

 DSCF5211.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 心が満たされるってこんな事!感動を覚えるってこんな事!

 

 

DSCF5207-001.JPG

 

 

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2014年7月19日

沢山の方の助けにより、この日を迎えました。午前11時と午後2時と作品解説をしました。

 

DSCF5147.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼎乎と鈴峰がそれぞれ15分ずつ、どういう意図で書いたのか、またその文字の時代背景をお伝えしました。

 

DSCF5186.JPG

 

 

 全ての作品を図録に納めてあります。素晴らしい印刷の方に出会えて中々良い出来栄えです。

 

 

DSCF5135.JPG

 

 

 

 

DSCF5138-001.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5139-001.JPG

 

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2014年7月17日

7月17日(木)搬入作業が、沢山の生徒さんのお助けにより無事終わりました。

 

DSCF5122.JPG

 

DSCF5131.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花を担当して下さった、「ネル・フラワー」の平川善紀氏の藝術的な活け方により、多くの色を使わずほぼ緑だけで仕上げました。この花の味わいの心が作品の品格を上げてくれました。

 

 

DSCF5133-001.JPG

 

 

 

   皆さん、お疲れ様~!

DSCF5127.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2014年7月11日

七夕の翌日が誕生日です。思いがけず生徒さんから花束が届きました。

 

朝日が輝くのと呼応するように、窓辺で香りをはなち、一日の始りを助けてくれます。ありがとう!

DSCF5119.JPG有難う!

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2014年7月 7日

友人が子供さんと共にフランスから1か月来日しているので、共にj時を過ごしました。

 

 

DSCF5112.JPG

 

 

 

DSCF5111.JPG

 

 

丁度七夕の夜、外に出てひこ星や織姫を見つけました。

 

そして、ラメ入り鈴鹿墨の「煌」で2500年前の字で「星」と書きました。書いた字がきらきら光ってお星様のようでした。

 

I ちゃんは、10歳でパリジェンヌのようにお洒落!

 

DSCF5115.JPG

 

 

 

 

  • 【カテゴリー】
  • ブログ