明峯書院
明峯書院

活動内容

ホーム>活動内容

2013年8月アーカイブ

2013年8月25日

 

 書道の教室の初めに、その日書く文字の成り立ちや時代背景等の講義をしてから実技に入ると言うのが私の長年の夢でした。

 

同じ会派に所属する尊敬してやまない先生(国立大学の書道名誉教授)がもう20年以上もそのような講義をなさっていると言うので大阪梅田のビル群の17階にある綺麗な教室にお邪魔させて戴きました。

 

 

 

DSCF4483-001.JPG

 

先生は楷書、行書、草書、隷書、篆書の五体の字をお手本に書いて見えました。そのすべての文字についての講義がありました。定年まで、長年国立大学の教授をなさった話術と知識の深さに感銘して、勿体ないほどの豊かな時間を過ごしました。

 

DSCF4481-001.JPG

      このような講座が出来るように目指したいと思います。

 

 

 

 

 

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2013年8月14日

ことしも暑い中、10年以上続いている、書道の生徒さんの若い人だけの我が家でのBBQでした。

 

 

DSCF4471.JPGDSCF4472.JPG

 

 

 

 

 年に一度遠くの方でも久々に逢うと、漫画の本のタイトルを毛筆で書いた人、来週中国の学会に行き中国語での文字学の講演を控えていると言う国立大学で教えている人、じきに結婚する人、何も変化が無くても頑張っている人、やがて社会人になり一人暮らしを始める人、人生って面白いね。皆に乾杯!

 

 

DSCF4474.JPG

 

 夕方4時過ぎから来始め、遅れて来た人も皆で話に夢中になるとあっという間の夜中12時前。飲みましたよ!去年は50本近くでした。いい気分で来年の再会を誓いました。

 

 

 

DSCF4477.JPGDSCF4479.JPG

 

 

 ビール美味しかったよ!

 

 

 

 

 

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2013年8月12日

今年は自分の店を辞めて初めて運営委員長をさせて戴き、全会期中詰めていたので沢山の皆さんに支えて戴いている事を再認識しました。知らない事も多く長年お世話になってきて申し訳ない気持ちで一杯でした。

 

 

DSCF4442.JPG

 

明峰書院の篠木我峯さんは特別賞でした。いつもの大胆な構成で遠くから見てもすぐ分かり御自分の個性を確立しています。今回は布のようなしっとりした紙で書いたので濃く墨を磨りましが、濃すぎると筆が大きく動かず苦労しました。同時発表の全国展読売展にも入選しました。

 

DSCF4449.JPGDSCF4464.JPG

 

 

 

 

左の荒川耀園さん右の村山昌泉さんは共に特別賞でした。

 

 

 

二人とも米芾を基調としています。荒川さんは力強さを表現し、村山さんは繊細さを出しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF4455.JPG

 岸本一水さんは三重県議会議長賞でした。馬王堆帛書を基盤として左を揃え右側を活躍をさせた。これも彼独特の個性とまねできない物を確立しています

 

 

 

 

DSCF4458.JPGDSCF4465.JPG

 

 

 

左の神田春瑛さんは中日新聞社賞でした。

 董其昌の書風で軽快なリズムで仕上げました

 

 

 

 

 

右の桶谷渓華さんは三重県書道連盟賞でした。

趙子謙を基盤にし300字を超える多字数で粘り強く仕上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF4459.JPGDSCF4454.JPG

 

 

 

 

 

 左の特選日比野燁夏さんは特選でした。

何紹基を基盤に空間広くとり明るさを出しました。彼女は書道の大学で歴史から文字の基盤の全てを4年間専門的に学び高校の書道の教師の免許もあります。

 

 

右の野田華清さんは特選でした。

傅山を基盤とした書き方で早くから取り組み錬度を高めた作品に仕上がりました。

 

 

 

 

 

DSCF4446.JPG中壽涯さんは特選でした。呉昌碩を基盤として書き、その特徴である右上がりを強くして作品を作り上げました。

 

 

 

 

 

DSCF4467.JPG

 書道連盟展の私の作品です。この春息子の結婚の際におくった言葉です。「こしん」と読んで意味は「全てを尽くし思いやる心」と言う意味です。私の子への願いです。

 

 

 

 

 

 

DSCF4418.JPG

 書道連盟展選別会の様子です。皆さん真剣に他の方々の作品や説明を聞きます。とくに審査にたった先生方はくまなく皆さんの出来栄えをチェックします。地に足の着いた地道な努力を続けて見えるお一人お一人の生徒さんを誇りに思います。

 

  • 【カテゴリー】
  • ブログ