明峯書院
明峯書院

活動内容

ホーム>活動内容

2011年12月アーカイブ

2011年12月27日

今年の大人の方々の最後の教室では、短冊を書きました。年に一度最後のお稽古日には教室で交流の為、お正月に飾れるように好きな言葉を書きます。

DSCF0939.JPG普通の短冊ではなく、耳付きのもので、しかもぼかしが入っています。緑・紫・黄色・ピンク・オレンジ等等。どの色に書くか皆さん真剣に選ばれました。それぞれの方が御自分の好きな言葉を選びました。

 

DSCF0936.JPGDSCF0938.JPG

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2011年12月26日

かねてからの念願の展覧会を開催します。
奈良と共に墨の産地である鈴鹿に生まれ育ち、書に携わる様になって、この地に生きる使命を感じていました。

伊藤亀堂さんが生涯をかけてこの地元の墨作りの伝統を絶やさない様に生きてみえるのをみて、この様々な色の墨を使って、鈴鹿の町名の由来を書いてみようと思い立ちました。

Scan1.jpg白子、稲生、石薬師・・・と約40の地名の由来を調べて行くと面白くて、時を忘れる位でした。

46年前の高校時代、共にサッカーで汗を流した友人熊沢逸雄君が地元の神社等の絵で華を添えてくれました。

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2011年12月23日

字体は隷書で書いていますので、全く右上がりのない、また右祓いは短くすると言う書き方です。また、側面に揮毫した「鈴峰書」の文字も入れさせて戴きました。

DSCF0928-1.JPGDSCF0926.JPG

 

 

 

 

 



「墨」とともに「伊勢型紙」が鈴鹿市の伝統産業に指定されています。伝統は長く長く後世に伝えたいものです。

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2011年12月16日

今年も鈴鹿市教育委員会主催の夢工房~書の道の達人~のため沢山の小学校を訪問しました。

12月3日は地元、旭ヶ丘小学校の3年生の皆さんと共に、授業をさせて戴きました。
この学校はマンモス校で3年生約170名の皆さんが一斉に書道の道具を体育館に広げると壮観でした。

 

DSCF0920.JPG
書は面白いな~と感じて欲しいの一念でどの学校にもお伺いしますし、この種まきが将来一人でも多くの方に、日本の伝統芸術の書道の素晴らしさを味わって欲しいと願っています。

  • 【カテゴリー】
  • 夢工房

2011年12月10日

テレビでおなじみの、ジョン ギャスライトさんの番組に出演する幸いを頂きました。
ジョンさんは、日本語が堪能な上に、漢字にもとても興味をもたれ、本当に知性に溢れた方でした。
それもそのはず、名古屋大学の大学院博士課程を修了なさって、現在は他の大学の教授をなさっています。

DSCF0908.JPG

 

 

 

書の簡単な歴史や文字の成り立ちのお話しの後、御自分も書くことにトライされました。「自音」と書いて「ジョン」と読みます。その上鈴峰は彼の印を彫ってプレゼントしました。

DSCF0913-1.JPG

 こ の番組はNHKワールド ジャーニーインJapanで世界73か国で国営放送されます。 2012年1月31日(火)の予定です。そのためジョンさんは日本語でお話しの後、丁寧に英語で御紹介されていましたが、その例えの感性の素晴らしさにも感嘆しました。

 

DSCF0907.JPG
鈴鹿の墨作りがメインですが、こちらも参加致しました

  • 【カテゴリー】
  • ブログ