明峯書院
明峯書院

活動内容

ホーム>活動内容

2011年3月アーカイブ

2011年3月25日

東京のインターネット・ビデオの会社から取材に見えました。地震の影響で当初より予定が1週間遅れました。

 

DSCF0653.JPG最初に鈴鹿墨を磨っているところの撮影があり,その後、墨についてのインタビューと続きました。最後に樋口鈴峰の作品の撮影がありました。
下の写真はインタビューを受けている所。座っている方がインタビュアーであるディレクター。右に反射板も見えます。今回は澱みなく1回でうまく行きました。

 

DSCF0654.JPG

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2011年3月24日

私達が所属する雪心会展が開催されます。北は青森から南は鹿児島までの方が出品されました。また、今年は奈良遷都1300年祭が行われており、会場にも「せんとくん」がやってきて一層元気が良かったようです。

 

image0-9.jpg

樋口鈴峯も作品を出していますが、もう一番上のクラスなので審査の対象には入っていません。左端が鈴峰の作品です。明峯書院の樋口鼎乎さんは奨励賞を受賞されました

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2011年3月21日

私達が所属している雪心会の書作展が開催されました。今回は青森や岩手の方々地震の為来れないと言う事もありました。

RIMG0506.JPG

 

私の作品は絹布に書き軸の仕立てにしました。軸もデザイン軸にしてちょっと洒落た感じに仕上げました。今年は例年より子供の出品も増えました。全国レベルは県のレベルと格段の差がある事が中央の展覧会に行くと如実に感じます。。そんな中で子供の作品は大賞につぐ2番目の賞に入りました。

 

  RIMG0494.JPGRIMG0477.JPG

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2011年3月12日

小学校卒業の明峯書院の生徒さんに、篆刻の実技指導をしました。

 

DSCF0639-1.JPG
自分の字を篆書でどう書くのか調べたり、印材(青田石)の布字(ふじ)を正しくすると言う事など学びました。お1人お1人に側款をいれると立派な雅印の出来上がりです。

DSCF0641.JPGDSCF0644.JPG
皆が好きな言葉を色紙に書き、それに自分で彫った印を押して1つの作品の出来上がり。内容が濃い作品ですよね。

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2011年3月 7日

ノルウェーの友人が生徒を連れて来日しましたので書道の体験をしました。
日本文化である書道は、大変人気があり楽しい時間を過ごせました。
文字には意味があると言う事、またそのルーツや歴史は興味深い話でした。

 

IMG_3983.JPGその後、筆の材質を手にとって感じ取りました。羊の毛、馬の毛、いたちの毛、猫の毛、むじなの毛、藁で出来た筆、竹で出来た筆、1メートルもある筆、特に赤ちゃんの最初の毛で出来た誕生筆には驚きました。

その後半紙に好きな言葉を練習して、色紙に仕上げましたよ。さすがに皆上手なものでした。坐って書くのも初めてですがこれも体験と思って正座をして戴きました。

 

IMG_3981.JPGIMG_3968-1.JPG

                                                                  

それが終わると、総勢17人で食べる食べる美味しい食事!
沢山の御馳走が並びました。皆さんから「こんなに美味しい料理を食べていてどうして日本人はやせてるの?」と言う質問まで飛び出しました。

DSCF0628.JPG

 

 

 

 

DSCF0635.JPG

 

 


歌をプレゼントして戴き、チームの、ハ―モ二ーに聴き惚れ、お話しを沢山しました。

  • 【カテゴリー】
  • ブログ