明峯書院
明峯書院

活動内容

ホーム>活動内容

2009年12月アーカイブ

2009年12月20日

三重県展の開催期間中、県展の会場で開催されました。
日本画、洋画、書道の先生方が皆さんにその道の面白さを伝えました。
    

image-29.jpg
樋口鈴峰は書道の部門で第1回目は「文字の成り立ち」と言うテーマで陶文(陶器に書いた文字)から金文(青銅器に書いた文字)、帛書(布に書いた文字)、木簡(木に書いた文字)などを紙が作られるまでの字を実技を交えて講義しました。

 

その後、秦の始皇帝が文字を統一した後の隷書など時代背景や歴史上の書家の人物像まで交えて詳しく説明しました。


1週間後の第2回目は「鈴鹿墨」について詳しく2時間、2講座のお話の後皆さんで今度は体験実技に入りました。


今回鈴鹿の墨で色のついた墨を使っての作品作りとなりました。

  • 【カテゴリー】
  • ブログ

2009年12月13日

明峯書院の 岡田翠悦先生、中川琱雲先生、森川愁雪先生、樋口鼎乎先生が入選されました。
 伊藤雲峯君はFou your dream 賞を受賞され昨年に引き続きの入賞でした。また、全国展の読売展では秀逸賞を受賞されました。
      

image0-13.jpg
県展は50%を切る入選率でした。どんな条件があっても出し続けるという事が大切と思っています。
写真は秦の時代の篆書を得意とされる伊藤君の作品
     

  • 【カテゴリー】
  • ブログ